ここから本文です

リカルド「ピットストップも判断も満足できるレベルじゃない」:レッドブル カナダ日曜

オートスポーツweb 6月13日(月)12時23分配信

 2016年F1カナダGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは7位だった。

2016年第7戦カナダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=7位
 スタートはうまくいったんだ。でも(前の)メルセデスの2台がすごく遅かったせいで行き場がなくなった。ターン2の出口でロズベルグが戻ってきたために、僕はイン側に寄らなければならず、アウト側にいたマックス(・フェルスタッペン)の後ろに下がってしまった。

 ウルトラソフトで走ったファーストスティントでは僕らの方が少しマックスより速かった。それで、もし前が空いた状態になればもっと速く走れると(チームに)言った。

 でも最初のピットストップでソフトに換えた後、ロックしてそのセットを傷めてしまった。それでもう一度ピットに入り、キミ(・ライコネン)のすぐ後ろを走った。彼についていくことはできたが、タイヤをひどく傷めてしまったことで、オーバーテイクすることができなかった。

 今日は最高のレースだったとはいえない。でも幸いにも7日後に戦うチャンスがある。バクーではもっといい日曜を過ごす必要がある。

 新しいサーキットに行くのは大好きだ。ストリートサーキットだし、楽しいはずだよ。

(Sky Sportsに対して語り)いくつかちぐはぐな部分があった。僕の方にもチームの方にもね。今日は両方ともスムーズなレースができなかった。

 僕はターン13でブレーキをロックした。(チームの)いくつかのピットストップや判断は今回も並のレベルだった。(次のヨーロッパGPでは)日曜にうまく物事を整理して臨まなければならない。

(レース序盤、チームがフェルスタッペンに対して「リカルドの邪魔はするな」と伝えたものの「譲るように」とまでは言わなかったことに関し、それが結果に響いたと思うかと聞かれ)かなり大きく響いたと思う。だけどもう終わったことだ。どうなっていたか、可能性について話しても意味はない。

 無線で、前が詰まった状態でなければ速く走れると思うと伝えた。誰かの後ろを走っていると、タイヤをうまく使えなくなるし、そうなるとDRSを使ったロングストレートでも十分近づくことができない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月13日(月)12時24分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。