ここから本文です

フェルスタッペン「ニコとのバトルは楽しかった!絶対負けたくなかった」:レッドブル カナダ日曜

オートスポーツweb 6月13日(月)12時54分配信

 2016年F1カナダGP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは4位だった。

2016年第7戦カナダGP ダニエル・リカルド(レッドブル)

■レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=4位
 今日はやれるだけのことをやった。とてもいい仕事をしたと思う。ウイリアムズを抜いて表彰台に立ちたかったけど、タイヤのデグラデーションがかなりひどいことにすぐに気付いた。今日は少し雨が降ってくれれば助かったんだけどね。

 序盤はタイヤと燃料をセーブして走った。トップの2台にはついていけないと分かっていたからだ。ダニエル(・リカルド)がすぐ後ろに追いついてきたから、そろそろプッシュしようと決めた。

 自分のパフォーマンスにも、新しいパワーユニットにも大満足だ。ロングストレートでメルセデスですら抜くのが難しかったんだから。僕らは大きく進歩したということだね。

 最後の10周はものすごく楽しかった。人生の中で一番きつい10周だったと思う。長い間4位を走っていたから、絶対にそのポジションを諦めたくはなかった。レース終盤に激しいバトルがあって、彼(ニコ・ロズベルグ)のペースはかなり強力だった。でも何とか前の位置を守ることができた。最終ラップはかなり派手な展開になったね。

(クラッシュした)モナコの後だけに、笑顔でここを去ることができるのが嬉しい。今はバクーを楽しみにしている。皆が初めて経験するグランプリだ。グリップレベルは走ってみないと分からないね。
 それにしても今日はものすごくポジティブな一日だった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月13日(月)12時55分

オートスポーツweb