ここから本文です

ペレス「マクラーレン勢の後ろでロスしたのが痛かった」:Fインディア カナダ日曜

オートスポーツweb 6月13日(月)14時4分配信

 2016年F1カナダ決勝で、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは8位、セルジオ・ペレスは10位だった。

2016年第7戦カナダGP フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=8位
 入賞できて嬉しい。でももっといい結果を望んでいたというのも事実なんだ。トップ6入りを狙えると信じていた。

 でもどういうわけかマシンの感触が昨日ほどよくなかった。気温が低く、風が強かったせいかもしれない。そのためにスイートスポットを見失い、マシンが乗りづらくなってしまった。

 これについては詳細に調査して理解しなければならない。

 スタートの蹴り出しはあまりよくなかったけれど、その後はオープニングラップをうまく走ってポジションを取り戻した。

 その後のレースはタイヤ管理に集中した。タイヤ戦略の判断は正しかったと思う。1回ストップを試したかったけれど、結局は不可能だったからだ。
 
セルジオ・ペレス 決勝=10位
 難しいレースだった。今思えば、最適な戦略ではなかったと思う。他のドライバーたちとは違う方向性をとったけれど、路面温度が低かったためにうまくいかなかった。

 ファーストスティントでソフトタイヤを履いたが、熱を入れるのがものすごく難しかったんだ。そのためスタートでいくつか順位を落とした。マクラーレン2台に引っ掛かったことが、僕のレースにとって打撃になった。

 最後のピットストップで一瞬ストールしてしまい、数秒ロスして、(ダニール・)クビアトの後ろに落ちた。でもターン1でオーバーテイクしてポジションを取り戻すことができた。

 2台揃ってポイントを持ち帰ることができて、チームにとっていい結果だ。今週末はあまりうまくいっていなかったけれど、ベストを尽くし、いくつかポイントをつかんだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月13日(月)14時30分

オートスポーツweb