ここから本文です

サインツ「20番グリッドから9位。すごいよね!」:トロロッソ カナダ日曜

オートスポーツweb 6月13日(月)14時55分配信

 2016年F1カナダGP決勝で、トロロッソのダニール・クビアトは12位、カルロス・サインツJr.は9位だった。

【関連写真】F1最新フォトコーナー

■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 決勝=12位
 本当のことを言うと、すごく退屈なレースだった。(セルジオ・)ペレスと1ポイントをめぐって戦おうとしたが、彼らの方がずっと速くて、彼の前に出ることはできなかった。

 最後のスティントでウルトラソフトタイヤに換えると、期待していたようなパフォーマンスが得られず、他のクルマと戦っているうちにタイヤにダメージを負ってしまった。

 残念ながらレースのほとんどを誰かの後ろで走り、トラフィックの中で過ごす羽目になった。

 幸いすぐに次のレースが開催されるから、今日のことは忘れて次のことに頭を切り替えることができる。

 そうは言ってもポジティブなこともあった。僕はクリーンな週末を過ごすことができたんだ。自分にとって必要なことだった。

 完走できたから、僕とチームにとって重要なデータを集めることもできたし、最大限の学習をすることもできた。

 これからはいいパフォーマンスを見せていく必要がある。来週のバクーでそれができたらいいね。

カルロス・サインツJr. 決勝=9位
 ものすごくいいレースができたよ! スタート前に「20番グリッドからスタートして9位で完走するよ」と言われていたら、間違いなく喜んでいただろうね。

 またポイントが取れて嬉しい。今日はすごく楽しんで走れた。最初のピットストップのタイミングは適切で、アンダーカットに行き、ソフトタイヤで5、6周、予選みたいなラップを走った。そのおかげで5、6台のクルマの前に出て、フォース・インディアについていくことができた。

 予選でミスをしていなかったとしても、今回は8位より上は不可能だっただろうから、今日の結果に満足していいと思う。

 今日のこのリザルトで、僕らが強いこと、常に進歩し続けていることを示せた。戦略は正しく、ピットストップもうまくいった。今週末の働きに関してチームを称えたい。本当に素晴らしかったよ!

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月13日(月)14時56分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]