ここから本文です

ナッセ「マグヌッセンにヒットされた。不必要な行為」:ザウバー カナダ日曜

オートスポーツweb 6月13日(月)15時43分配信

 2016年F1カナダGP決勝で、ザウバーのマーカス・エリクソンは15位、フェリペ・ナッセは18位だった。

【関連写真】F1最新フォトコーナー

■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 決勝=15位
 スタートからフィニッシュまでいいレースだった。ウルトラソフトタイヤで走ったファーストスティントは理想的にはいかなかった。グリップがなくて苦労したんだ。最初は1回ストップで走り切ろうと計画していたが、2回ストップに切り替えざるを得なかった。

 続く2回のスティントでソフトタイヤを履いたら、いい走りができ、ケビン(・マグヌッセン)とパスカル(・ウェーレイン)を抜くことができた。

 全体的に皆がいい仕事をしたと思う。ハースにも近づけたしね。

フェリペ・ナッセ 決勝=18位
 今日のレースにはがっかりだ。スタートは悪くなかったのに、(マグヌッセンから)ターン3で突然追突された。すごくついてない。あれは不必要な行為だ。

 このことがその後のレースに響いた。ベストを尽くして挽回に努め、終盤にはソフトタイヤでまずまずのラップタイムで走ることができた。

 レースではこういう展開になることもある。今はバクーを楽しみにしている。新しいチャレンジが大好きなんだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月13日(月)15時43分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]