ここから本文です

第2のザネッサを探せ!『ハイスクール・ミュージカル4』新作に向けたオーディション映像が公開

Billboard Japan 6月13日(月)18時5分配信

 世界中のティーンが夢中になった『ハイスクール・ミュージカル』シリーズの新作となる4作目のオーディション映像が公開された。

 2006年に第1作目『ハイスクール・ミュージカル』が全米で初放送され、その後瞬く間に世界中の若者を熱狂させたディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの『ハイスクール・ミュージカル』シリーズ。ザック・エフロンやヴァネッサ・ハジェンスら主要キャストは、本シリーズで人気俳優の仲間入りを果たした。

 今年1月には、初放送から10周年を迎え、出演キャストが再集結した特別映像が放送され大きな話題に。さらに3月には、『ハイスクール・ミュージカル4』の製作と、オーディションによって新しいメンバーが選ばれることも発表された。

 今回公開された映像は、現地時間5月16日に米アナハイムで開催されたオーディションの模様を撮影したもの。本オーディションには、第2のザック&ヴァネッサを夢見る約5000人もの応募者が、アメリカ全土から参加した。多くの志願者が列をなして集まる中、ゲストとしてチャド役のコービン・ブルーがサプライズ登場。ファンにはお馴染みの掛け声である“What team?(勝つぞ!)”とコービンが叫ぶと、志願者たちもすかさず“Wildcats!(ワイルドキャッツ!)”と応じ、会場は熱気に包まれた。キャスティング進行中の『ハイスクール・ミュージカル4』に期待と注目が集まっている。

◎『ハイスクール・ミュージカル 4』公開オーディション特別映像
https://youtu.be/Bqg5YGFTWzk

(C) Disney

最終更新:6月13日(月)18時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。