ここから本文です

『オーシャンズ11』女性版、C・ブランシェットやヘレナ・B=カーターらが出演

クランクイン! 6月13日(月)14時0分配信

 昨年10月にオスカー女優サンドラ・ブロック主演で再映画化されると伝えられた『オーシャンズ11』女性版。新たに映画『キャロル』(16)の女優ケイト・ブランシェットや、映画『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズの女優ヘレナ・ボナム=カーターら豪華女優陣が出演することが明らかになった。ColliderやShowbiz411などの海外メディアが伝えた。

【関連】「サンドラ・ブロック」フォトギャラリー


 2001年に俳優ジョージ・クルーニーやブラッド・ピット、マット・デイモン、女優ジュリア・ロバーツなど豪華スターが集結した『オーシャンズ11』。伝説的歌手フランク・シナトラ主演、1960年製作の『オーシャンと十一人の仲間』の再映画となり、オーシャン率いるプロの窃盗集団が、ラスベガスで史上最大の現金強奪戦を繰り広げるさまを描いた。

 女性版『オーシャンズ11』は『Ocean’s Ocho』の仮題(「オーシャンズ8」の意味)のもと、映画『ハンガー・ゲーム』(12)のゲイリー・ロスがメガホンを取る。サンドラはジョージが演じたダニー・オーシャンの妹という役どころだそう。早ければ年内に撮影が開始する可能性があると、Colliderでは伝えている。

 サンドラ、ヘレナ、ケイトの3人の他、海外ドラマ『ザ・オフィス』の女優ミンディ・カリングと、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズでエフィーを演じたエリザベス・バンクスが出演するとのこと。仮題から見ると、少なくともあと3人の女優がメンバーとして加わることになり、さらに悪役やキャラの際立つ他の脇役たちが加われば、かなり見応えのある俳優陣が勢揃いすることになるだろう。

最終更新:6月13日(月)14時0分

クランクイン!