ここから本文です

美容技術競う 富山でコンクール

北日本新聞 6月13日(月)16時31分配信

 第8回富山美容技術コンクールは13日、富山市友杉の市南総合公園体育文化センターで開かれた。カットやパーマ、着付け部門のほか、今回からモデルに似合うヘアメークや洋服のコーディネート力を競う「トータルビューティー部門」を新設し、出場者たちが真剣な表情で取り組んでいた。

 富山美容職業訓練会(林不二男会長)が主催。和楽学園専門学校富山ビューティーカレッジ(富山市総曲輪)の生徒71人と、訓練会加盟店の美容師と着付け師計59人が出場した。トータルビューティー部門には美容師14人が腕を競い、生徒たちもヘアメークが完成したモデルを間近に見て技術を学んでいた。北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:6月13日(月)16時31分

北日本新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。