ここから本文です

史上最高勝率も見えた!強すぎソフトバンクが見据える“交流戦Vロード”

ベースボールキング 6/13(月) 12:30配信

他球団もお手上げ…驚異的な強さを見せる王者

 ソフトバンクが強すぎる――。

 12日の巨人戦に勝利したソフトバンクが、2カード連続の3連勝で6連勝を記録。今シーズン60試合目にして早くも4度目となる6連勝。それもそのうち3回は8連勝だったというから、その強さは異次元だ。

 ここまで60試合消化で「40勝15敗5分」。勝率は驚異の「.727」。すでに「貯金25」...。メディアを躍らせる衝撃的な数字の数々に、他の11球団のファンからは「ソ・リーグを作って独立してくれ」などというコメントまで挙がっている。

今や主力!13年目の男が「“急上昇”中」

 中でも際立っているのが、次々と台頭してくるニューフェイスの活躍。日本一連覇中の王者でありながら、激しい競争の中で分厚い層をぶち破って出てくる選手たちが良い働きを見せているのだ。

 野手の筆頭株は城所龍磨。もともとは守備・走塁の切り札的存在としてチームに貢献してきた30歳が、13年目の今シーズン突如としてその才能を開花させた。

 昨年までの12年間のキャリアで589試合に出場してきた城所であるが、その中で立った打席はわずか320。12年間の通算安打も48という、まさに“守備の人”だった。それが今季は35試合・75打席で25安打をマーク。打率.373とその打棒を爆発させている。

 5月18日の日本ハム戦で代打起用に応える3ランを放ち、実に9年ぶりとなる一軍公式戦での本塁打を打ったかと思えば、6月12日の巨人戦では驚きの1試合2本塁打をマーク。もちろん持ち前の守備でもここまでに何度もチームを救っており、首位を快走するチームの中で欠かせない存在感を発揮しているのだ。

 かねてから“コアファン”が多いことでも知られている城所。決してレギュラーとは呼べない存在ながら、球場ではその登場を今か、今かと待ちわびるファンが多くいることから、「キドコロ待機中」と書かれたオリジナルの個人Tシャツが販売された。すると、このシャツをあのイチローがメジャーのキャンプで着用。日米で一躍有名になった。

 今年の大活躍を受け、球団は新たなグッズを製作。その名も「城所選手応援落書き Tシャツ」。従来の「待機中」となっていた部分が空白となり、「“(任意の文字)”中」と好きな言葉を書くことができるようになった。画期的なアイデアと斬新さが受け、ファンの間では大きな話題となっている。

 脇役から主役へ一気にのし上がった苦労人。注目度「“急上昇”中」の城所から、目が離せない。

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 15:40

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]