ここから本文です

ポーランドがユーロ初白星…ミリク弾で初出場・北アイルランドとの初戦制す

SOCCER KING 6月13日(月)3時10分配信

 ユーロ2016・グループステージ第1節が12日に行われ、グループCでポーランド代表と北アイルランド代表が対戦した。

 FIFAランク27位のポーランドは、3大会連続3度目のユーロ出場。初戦の先発メンバーには、エースのバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキ、ドルトムントで日本代表MF香川真司と同僚のDFウカシュ・ピシュチェク、セビージャMFグジェゴシュ・クリホヴィアクらが名を連ねた。対して、同ランク25位の北アイルランドは今大会がユーロ初出場。日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのMFスティーヴン・デイヴィスやマンチェスター・UのDFパディ・マクネアーらがスタメン入りした。

 試合はポーランドが主導権を握る。31分、ペナルティエリア内右に突破したヤクブ・ブワシュチコフスキがマイナスの折り返し。中央のアレク・ミリクが左足シュートを放つが、クロスバーの上に外れる。39分には、エリア手前中央でこぼれ球に反応したバルトシュ・カプスツカが、胸トラップから左足ボレーを放つが、GKマイケル・マクガバーンの好セーブに阻まれた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入って51分、ポーランドの先制で均衡が破れる。エリア内右に進入したブワシュチコフスキが横パス。それを受けたミリクが中央で左足を振り抜き、シュートをゴール右隅に突き刺した。

 追い付きたい北アイルランドは72分、途中出場のコナー・ワシントンが右サイドを突破。エリア内右までドリブルで持ち上がるが、シュート前に飛び出したGKヴォイチェフ・シュチェスニーに阻まれた。86分には、敵陣中央右サイドでFKを得ると、サインプレーでS・デイヴィスがエリア内右に抜け出す。フリーで右足を振り抜いたが、タイミングが合わず空振りに終わった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ポーランドが1-0で勝利。3度目の本大会出場で初の白星を収めた。

 次節、ポーランドは16日にドイツ代表と、北アイルランドは同日にウクライナ代表と対戦する。

【スコア】
ポーランド代表 1-0 北アイルランド代表

【得点者】
1-0 51分 アレク・ミリク(ポーランド)

SOCCER KING

最終更新:6月13日(月)6時18分

SOCCER KING