ここから本文です

追加タイム10分に決勝被弾のボリビア…大統領が激怒「結果を盗まれた」

SOCCER KING 6月13日(月)11時34分配信

 ボリビアのエボ・モラレス大統領が、10日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の結果について不満を爆発させた。

 同試合、ボリビア代表はチリ代表と対戦。46分にMFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン)のゴールでチリが先制したが、61分にはMFジャスマニ・カンポス(カーズマSC)が見事なFKを決めてボリビアが同点に追いつく。一進一退の攻防が繰り広げられ、引き分けの可能性が高まる中、後半アディショナルタイム10分にビダルがPKを決めてチリが2-1と競り勝った。

 しかし、アメリカ人のジャイル・マルーフォ主審が10分ものアディショナルタイムを取ったことや、チリの決勝ゴールとなったPKにつながるファウルの判定が微妙なものだったことから、モラレス大統領は自身のツイッターアカウントで以下のようにツイートし、怒りをあらわにした。

「我々の代表チームを祝福したい。彼らは見事な戦いを見せてくれた。残念なことに、引き分けという結果は盗まれてしまったがね」

 モラレス大統領は生粋のサッカー好きとして知られ、元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏らとも親交がある。現在はコチャバンバの病院に入院中だが、理由は病気などではなく、1週間前にサッカーの試合に出場し、左ひざを負傷して手術をしたためである。

 すでにグループステージ敗退が決定してしまったボリビア代表だが、14日のアルゼンチン代表戦では大統領を熱狂させるようなプレーを見せることができるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:6月13日(月)11時34分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報