ここから本文です

CL制覇の勢いをユーロへ…クロース「レアルの選手は自信を持っている」

SOCCER KING 6月13日(月)11時34分配信

 ユーロ2016・グループステージ第1節が12日に行われ、グループCでドイツ代表とウクライナ代表が対戦。ドイツが2-0と快勝し、白星スタートを切った。

 同試合にフル出場して勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いたドイツ代表MFトニ・クロース(レアル・マドリード)が「この調子を維持していきたい」と手応えを語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 大会初戦を2-0で制し、好スタートを切ったドイツ。快勝に貢献したクロースは「自分の役割は、後方から試合を組み立てることだった。相手に脅威を与えられる選手に良い位置でボールを持ってもらうことを考えていたんだよ。それがうまくいったね」と、プレーを振り返って手応えを掴んでいた。

 そして「僕たちは優勝できると信じている。ただ、もう少し冷静にプレーする必要があったね。高い位置からのプレスがかからなくなって、ウクライナに何度かミスを誘発されてしまった。最終的には立て直したけどね」と、改善の余地についても言及した。

 クロースが所属するレアル・マドリードは5月28日のチャンピオンズリーグ決勝でアトレティコ・マドリードを破り、ヨーロッパ王者に輝いた。クラブの次は代表での欧州制覇を狙うこととなるが、クロースは「レアル・マドリードの選手たちは、チャンピオンズリーグ優勝の勢いに乗ってユーロを迎えている。自信を持って、この大会に臨んでいるんだ」とコメント。「勝利を掴む感覚を維持できたのは良かった。でも、勘違いはしていないよ。まだ初戦が終わっただけだ」と、次戦以降に向けて気を引き締めていた。

 ドイツ代表は次戦、16日にポーランド代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月13日(月)11時34分

SOCCER KING