ここから本文です

パラグアイのラモン・ディアス監督が辞任…コパ・アメリカで予選敗退

SOCCER KING 6月13日(月)17時7分配信

 パラグアイ代表のラモン・ディアス監督が辞任を表明した。12日、同国サッカー協会が伝えている。

 ディアス監督はコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ終了後に辞意を表明。パラグアイ代表は同大会で1分け2敗に終わり、勝ち星を上げることができないまま敗退となった。

 同監督は2014年12月にパラグアイ代表の指揮官へ就任。昨年チリで開催されたコパ・アメリカ2015では、ブラジル代表を撃破するなど躍動し、チームをベスト4へ導いた。しかし、2018 FIFAワールドカップ・ロシア 南米予選では出場権獲得圏外の7位に沈んでいた。

SOCCER KING

最終更新:6月13日(月)17時12分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合