ここから本文です

リヴァプール、守備陣補強へ…クロップ監督がアルゼンチン代表DF注視

SOCCER KING 6月13日(月)18時58分配信

 リヴァプールが精力的に守備陣の補強へ動いている。イギリスメディア『90min』が12日に報じた。

 同メディアによると、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、6日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のアルゼンチン代表とチリ代表の試合観戦に訪れたようだ。目的は、リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表DFガブリエル・メルカドの視察と考えられている。

 現在29歳のメルカドは、2012年からリーベル・プレートに在籍。主に右サイドバックとセンターバックでプレーし、これまでに同クラブで公式戦通算136試合に出場している。

 リヴァプールは2013年からクラブへ在籍していたコートジボワール代表DFコロ・トゥーレの退団が既に決定。現在はその代替選手を模索している。メルカドの他には、ケルン所属のドイツ代表DFヨナス・ヘクターも候補者に名前を連ねており、今後の移籍市場での動向に注目が集まっている。

SOCCER KING

最終更新:6月13日(月)19時6分

SOCCER KING