ここから本文です

モドリッチを称えるクロアチア指揮官「話題になって当然」「魔法のようなゴール」

ゲキサカ 6月13日(月)10時55分配信

[6.12 EURO D組第1節 トルコ0-1クロアチア パリ]

 EURO2016は12日、グループリーグ第1節3日目を行った。パリSGの本拠地パルク・デ・プランスではD組のトルコ代表とクロアチア代表が対戦。MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)のゴラッソでクロアチアが1-0で初戦を制した。第2節は17日に行われ、クロアチアはチェコ、トルコはスペインと対戦する。

 決勝点はモドリッチの決めた豪快な一撃だった。前半42分、左サイドからMFイバン・ラキティッチが上げたクロスは相手DFにカットされ、MFセルチュク・イナンがクリアしたボールがPA手前あたりの上空に舞い上がる。これに反応したモドリッチがボールだけを見て落下地点に入り、右足ボレー。ドライブ回転で抑えのきいたシュートがゴールネットに突き刺さった。これが決勝点。クロアチアが1-0で勝利した。

 試合後、クロアチアのアンテ・チャチッチ監督は『UEFA公式サイト』によると、「ルカは話題になって当然だ。この試合は彼のベストマッチの1つになった。本当にいいプレーをしてくれた」と決勝弾のモドリッチを称えた。

「彼は我々のリーダーだ。あの魔法のようなゴールが、結局は試合唯一の得点になった。我々には今の調子のルカが必要だ。彼の調子がいいとチーム全体が見違えるからね。そうでないときよりも良いチームに見え、アグレッシブに見える」

最終更新:6月13日(月)10時55分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。