ここから本文です

[総体]全国で再び名を上げるか、駒澤大高CB佐藤が無失点での全国切符獲得誓う

ゲキサカ 6月13日(月)11時4分配信

[6.12 総体東京都予選準々決勝 駒澤大高 4-0 東大和南高 清瀬内山G]

 首都・東京を代表するエアバトラー、駒澤大高CB佐藤瑶大(3年)は立ち上がりこそ、DF間でボールを受けてくる東大和南高の攻撃に苦戦したというが、相手の前線の選手を厳しくチェックすることで起点封じ。そして相手のクロス、セットプレーはストロングポイントである高さで圧倒して完封勝利した。

 この日は試合の中でCBのパートナーが代わる中でも無難に対応。DFリーダーとしてカバーリングなど終始安定していた印象だ。だが、流れの悪かった立ち上がりに失点していたら「致命傷になりかねない」。関東大会でも立ち上がりに失点して苦しい試合展開となっていたため、猛省していた。

 昨年度の全国高校選手権でブレイクしたひとり。圧倒的な高さとフィードの部分でも存在感を発揮したDFは0-1で敗れた準々決勝の東福岡高戦を負傷欠場したものの、それでも大会優秀選手に選出された。だがケガの影響もあってか、日本高校選抜候補合宿メンバーには選ばれず。それでも「来年は選抜に選ばれたいという気持ちが強くなった。(今年は)捻挫したりして、少し怖さがあったんですけど、その怖さとか捨てて今まで自分の弱点だった部分や私生活の部分から直している」という佐藤は関東大会で優勝に貢献し、自身も優秀選手に選出されるなどアピールを続けている。

 チームが勝つことが一番。その中で武器を最大限に発揮することを考えている。「武器は出していかないとなということで、チームでやるべきことをやった上で自分の色を出すことを心がけている。CKもまだ点を取れていないので決めたいし、跳ね返すヘディングだけでなくて、決めるヘディングもしたい」。自慢のヘッドを突き抜けた武器にするために妥協せずに磨いていく構えだ。2年時に名を挙げた全国舞台まであと1勝。「出ないと注目もされないと思うので絶対に出たいというのがあります。全国でまたアピールできるようにゼロで抑えて勝ちたい」という佐藤が強敵・関東一高攻撃陣の前に立ちはだかる。 

最終更新:6月13日(月)12時19分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報