ここから本文です

[コパ・アメリカ]疑惑のゴール?混戦のB組はペルー&エクアドル抜けでブラジル敗退

ゲキサカ 6月13日(月)11時56分配信

[6.12 コパ・アメリカB組第3節 ブラジル0-1ペルー]

 コパ・アメリカのB組第3節が12日に行われた。先立って行われた試合では勝ち点2のエクアドル代表がハイチ代表に4-0で勝利し、7大会ぶりのグループリーグ突破を決めた。その後は負ければ敗退が決まる状況下、ブラジル代表とペルー代表が激突。“疑惑のゴール”で逃げ切ったペルーが1-0で勝利し、決勝トーナメントへ進出した。

 2点差以上の勝利で決勝トーナメント進出が決まる一戦。エクアドルはハイチを4-0で撃破した。先制点を決めたFWエネル・バレンシア(ウエスト・ハム)が全得点に絡む活躍。1997年ボリビア大会以来、実に7大会ぶりのグループリーグ突破となった。

 その後の試合ではブラジル代表とペルー代表が激突。ブラジル代表ではMFルーカス・リマ(サントス)が初先発で4-2-3-1システムのトップ下へ入った。前半のペルーはシュート0本。ブラジルが主導権を握ったがゴールネットは揺らせない。

 前半12分には左サイドで相手ボールをカットしたDFフィリペ・ルイス(A・マドリー)が自ら持ち込み、左足シュートを放つもGKに弾かれる。1分後には左CKからファーサイドの敵が弾いたボール。PA右のMFレナト・アウグスト(北京国安)がボレー気味に狙うがクロスバー上へ外れる。

 前半26分には右サイドから仕掛けたMFエリアス(コリンチャンス)が中央へ折り返し。一度はDFに当たるも、自ら拾って再びクロス。中で待ち構えていたFWガブリエウ(サントス)のシュートは枠を外れた。

 前半36分には中央から持ち込んだリマが右サイドへ展開。DFダニエウ・アウベス(バルセロナ)のクロスをファーサイドで受けたMFコウチーニョ(リバプール)がマイナスに戻し、受けたF・ルイスが折り返す。MFウィリアン(チェルシー)のシュートはクロスバー上へ打ち上げてしまった。押し込みながらも前半を0-0で折り返す。

 後半に入ってからもF・ルイスやコウチーニョが幾度となくチャンスを迎えたが得点は遠い。あと一歩が奪えずに時間は過ぎていく。すると押し込まれていたペルーが“疑惑のゴール”で先制する。

 後半30分、右サイドから仕掛けたMFアンディ・ポロ(ウニベルシタリオ)の右クロス。後方から飛び込んだ途中出場のFWラウール・ルイディアス(ウニベルシタリオ)が身体で押し込み、ネットを揺らした。

 一時はゴールが取り消され、試合は止まる。ルイディアスが腕で押し込んだかに思われたが、協議の末に再び得点が認められた。ブラジルの選手が不満の表情を浮かべるなか、1-0で試合は再開された。

 その後もコウチーニョやFWフッキ(ゼニト)が押し込んだブラジルだったが、ゴールはならず。後半アディショナルタイム3分にはフッキの右クロスをゴール前でフリーのエリアスが左腿で押し込むがGK正面。そのまま試合は終了し、1-0で勝利したペルーがB組首位で決勝トーナメント進出。セレソンは1勝1分1敗で1987年大会以来のグループリーグ敗退となってしまった。

最終更新:6月13日(月)12時14分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]