ここから本文です

大分MF黄誠秀が全治約4~6週間の負傷

ゲキサカ 6月13日(月)12時34分配信

[故障者情報]

 大分トリニータは13日、MF黄誠秀が右ハムストリング肉離れで全治約4~6週間と診断されたと発表した。

 黄は2日の練習中に同箇所を負傷し、大分市内の病院で検査を受けていた。今後は経過を見ながらリハビリを実施していくという。

最終更新:6月13日(月)12時34分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]