ここから本文です

「今度こそ恩返ししたい」清水MF水谷がFC今治へ育成型期限付き移籍

ゲキサカ 6月13日(月)17時30分配信

 清水エスパルスは13日、MF水谷拓磨が元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治に育成型期限付き移籍すると発表した。なお、契約期間は16年6月13日から17年1月31日までと併せて発表されている。

 今治の指揮を執る吉武博文監督にU-17日本代表時代に指導を受けている水谷は、今治のクラブ公式ウェブサイトを通じて「U-17W杯でチームの力になれなかったことは吉武監督には申し訳なく思っています。今回、監督より直接お話をいただき、率直に嬉しく思いましたし、今度こそ恩返ししたいと強く思いました。まずはチーム内の競争に勝って試合に出ることを目指し、そしてチームの力になれるように精一杯努力しますので、これからよろしくお願いします」とコメントしている。

最終更新:6月13日(月)17時30分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。