ここから本文です

倉敷、京都、広島の職人技が繋がった!土屋鞄の限定キャンバスバッグ/東京

Webマガジン コロカル 6月13日(月)20時16分配信

コロカルニュースvol.1723

東京都・足立区で生まれた〈土屋鞄製造所〉。職人の丁寧な手仕事によるランドセルが評判の土屋鞄から、このたび夏の限定商品として、レザーキャンバスバッグが発売されます。倉敷、京都、広島など、日本の職人の確かな腕で作られた、革とキャンバス生地でつくったコンビ鞄。エイジングを愉しみながら、長く使うことができそうです。

【写真ギャラリーで見る】倉敷、京都、広島の職人技が繋がった!土屋鞄の限定キャンバスバッグ/東京

発売される鞄は、渋染めキャンバスとレザーのコンビネーションによる、〈レザーキャンバス 2wayスクエアリュック〉と〈レザーキャンバス 2wayワンショルダー〉の2種類。リュックはA4ファイル収納可、ワンショルダーはB4ファイルが収納できます。価格はどちらも税込み6万円。カラーはチョコ×カーキグリーン、ブラウン×マスタードの2色展開です。

鞄の素材に使ったのは、植物の渋で染めて洗いをかけたキャンバス生地と、オイルを手塗りして仕上げたしなやかな革。メイン素材の渋染めウォッシュドキャンバスは、倉敷で昔ながらの力織機で織られた帆布生地を京都で渋染め(植物タンニン染め)し、広島で洗いをかけてしなやかに仕上げたもの。使い込んでいくことで生地に染みた渋が酸化し、風合いが豊かになっていくのだそう。

そして昨年、創業50年を記念に発売し、好評を博した大人のための仕事鞄〈OTONA RANDSEL〉。このアイテムが、2016年6月25日(土)に再販売の注文受付を開始します。ご購入等詳細は〈土屋鞄製造所〉のWebサイトにて。


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:6月13日(月)20時17分

Webマガジン コロカル

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。