ここから本文です

コブクロ 8月から始まるツアーはシンプルだけど会場の規模ごとに伝わり方が違うものに/インタビュー2

エキサイトミュージック 6/14(火) 0:15配信

 
■コブクロ/New Album『TIMELESS WORLD』インタビュー(2/3)

【この記事の関連画像をもっと見る】



僕らは変わりません。会場の大きさによって、ライブの感じ方がちょっと違います(小渕)

――『TIMELESS WORLD』は15曲それぞれ、いろんなひらめきや直感から生まれてきたのかもしれませんね。

小渕:こんなことができたら面白そう。その考えってすごく大切だと思うんです。そうじゃなければ、布袋(寅泰)さんとの共作なんて実現しなかったと思いますから。

――14曲目に入っている「NO PAIN, NO GAIN feat.布袋寅泰」ですね。

小渕:ここ何年もすごく可愛がってもらっていて、いろんなところにも連れていってくださるんですけど、ずっと前からリスペクトしてきた先輩ですから。知り合ってからの期間よりも、BOΦWY、COMPLEX、そしてソロアーティスト“布袋寅泰”のCDを聴いてきた時間の方が長いんです。布袋さんが奏でてきた音楽、作ってきた音楽が僕の血の中に流れているわけです。その人に曲を作ってもらう。「これって間違ってるのかな?」って一度思ったりもしました(笑)。でも、お願いしました。布袋さんも僕らが自分たちで曲を作っているのをもちろん知っています。僕らが布袋さんにお願いした意味もちゃんとわかってくれたと思うんです。


黒田:本当にすごいお願いをしてしまった感じですけど、うれしかったですね。

小渕:布袋さんがこの1曲を投げることによって、コブクロに何か波風を立てることになって、「もっとやっていいんだぞ」って言われた気持ちになりました。

黒田:送ってもらったデモを聴いた時の衝撃!

小渕:すごかったね。自分たちでは絶対に作れないようなアレンジとメロディーラインに、二人ともひっくり返りました。「こう来たか!」って。

黒田:「この曲の展開、すごいなぁ!」って。


小渕:曲はカッコよくて衝撃を受けました。でも、あまりにも違和感があったというか、自分たちにないものだったので、曲をもらったけど歌詞がつけられないかもしれないって思ったんです。「俺、無理かも」って。でも、バンドと一緒にスタジオに入って一度演奏してみたんです。そしたら血が沸騰する感覚があって、「あれ? これか!」って。アンプからギターの音がガン!と来て、ドラムの音を身体で感じて、ベースもぐんぐん来ました。帰って、一晩で歌詞を書いて、翌日のスタジオで「歌詞、できた!」って伝えたら、みんな驚いてました(笑)。音に包まれて初めてその曲が理解できたんです。これも本当に貴重な体験でした。布袋さんとの曲について話しましたけど、他の曲もそれぞれ思い入れがあるので、楽しんで聴いてもらえたらいいなと思います。

――はい。そして初回限定盤にはライブ映像を収録したDVDが付いていますが、学園祭ライブなんですよね。

小渕:はい、三田祭(慶應義塾大学 第57回三田祭前夜祭)でのライブで、学祭ライブに出るのは5年ぶりでした。


黒田:これ、2015年のベストライブです! すごく良かったんですよ。ツアーでもないし、普通だと撮ったりしないんですけど、たまたまディレクターが撮っていて。ワイドショー用にテレビカメラが来てたんだと思うんですけど、「どうせ撮るんだったら1本撮っておきましょう」っていう流れで撮ったらしいんです。“らしい”というのは、僕らは撮っているのを全然知らなかったから。ライブを撮る時って僕らにも知らされるんですよ、普段なら。なので、僕らも歌いながら、撮られてるのがわかっているんですけど、この時は何も知らされてなくて。

――知らされてなかったから、カメラを意識せず、気負いなく歌えた?

黒田:あ、それが良かったのかも(笑)。


――ライブといえば、8月からツアーも始まりますね。

小渕:僕らがやることは変わらないんですけど、シンプルだけど伝わり方が違うツアーになればいいかなって。というのは、今回はドームもあれば、アリーナもホールもあるツアーなので、「僕らは変わりません。会場の大きさによって、ライブの感じ方がちょっと違います」という感じです。同じツアーでありながら、いろんな雰囲気が味わえる。こんなツアーもいいなって思います。



≪リリース情報≫
New Album
『TIMELESS WORLD』
2016.06.15リリース

【初回限定盤】CD+DVD  
WPZL-31195~96 / ¥4,500(税抜)
【通常盤】CD
WPCL-12389 / ¥3,000(税抜)

[収録曲]
1. SUNRISE
2. 未来
3. 何故、旅をするのだろう
4. tOKi meki
5. SNIFF OUT!
6. サイ(レ)ン
7. hana
8. 星が綺麗な夜でした
9. Twilight
10. Tearless
11. 陽だまりの道
12. 42.195km 
13. 奇跡
14. NO PAIN, NO GAIN feat.布袋寅泰
15. STAGE

≪ツアー情報≫
【KOBUKURO LIVE TOUR 2016 supported by Ghana】
2016年8月27日(土)札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2016年8月28日(日)札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2016年9月10日(土)広島グリーンアリーナ
2016年9月11日(日)広島グリーンアリーナ 
2016年9月21日(水)名古屋・日本ガイシホール
2016年9月22日(木・祝)名古屋・日本ガイシホール
2016年10月1日(土)名古屋・日本ガイシホール
2016年10月2日(日)名古屋・日本ガイシホール 
2016年10月8日(土)愛媛・ひめぎんホール・メインホール
2016年10月9日(日)愛媛・ひめぎんホール・メインホール
2016年10月24日(月)日本武道館
2016年10月25日(火)日本武道館
2016年11月2日(水)仙台サンプラザホール
2016年11月3日(木・祝)仙台サンプラザホール
2016年11月9日(水)新潟県民会館
2016年11月10日(木)新潟県民会館
2016年11月19日(土)さいたまスーパーアリーナ
2016年11月20日(日)さいたまスーパーアリーナ
2016年11月26日(土)マリンメッセ福岡 
2016年11月27日(日)マリンメッセ福岡
2016年12月5日(月)宮崎市民文化ホール
2016年12月6日(火)宮崎市民文化ホール
2016年12月17日(土)京セラドーム大阪
2016年12月18日(日)京セラドーム大阪

最終更新:6/14(火) 23:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]