ここから本文です

アジアの大学ランキング、台湾大は21位=英国評価機関

中央社フォーカス台湾 6月14日(火)12時29分配信

(台北 14日 中央社)英国の大学評価機関、クアクアレリ・シモンズ(QS)社が13日発表した最新のアジアの大学ランキングで、上位350校のうち、台湾の大学は34校入ったことが分かった。台湾最高位は台湾大学(台北市)で21位。

トップはシンガポール国立大学。2位は香港大学。上位50位以内には、清華大学(31位、新竹市)、交通大学(38位、新竹市)、成功大学(39位、台南市)、台湾科技大学(50位、台北市)なども名を連ねた。

台湾は上位350位にランクインした大学数で、中国大陸(82校)、日本(74校)、韓国(54校)に続き4番目に多かった。

QSの関係者は、突出した研究の多さが結果につながったと分析。台湾大が昨年より順位を1位上げ、トップ20に近づいた点についても、規模の大きい国と競争できるパワーがあることを示していると語った。

(黄貞貞/編集:齊藤啓介)

最終更新:6月14日(火)12時29分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。