ここから本文です

ロバート・デ・ニーロが『The War With Granpa』に出演?

ぴあ映画生活 6月14日(火)11時42分配信

ロバート・デ・ニーロが、『The War With Granpa』への出演を交渉しているようだ。

その他の情報

原作は、1984年に出版された、ロバート・キンメル・スミスの小説。主人公の少年は、おじいちゃんが大好き。だが、おじいちゃんの妻が亡くなった時、おじいちゃんは少年の家に引っ越してきて、少年の部屋を自分の部屋にしてしまう。少年は、なんとかしておじいちゃんを追い出そうといろいろな策を練る。

デ・ニーロは最近、HBOで放映される『The War With Granpa』を撮り終えたところ。エクゼクティブ・プロデューサーも兼任するこのテレビ用映画で、デ・ニーロは、バーニー・マードフを演じる。監督はバリー・レヴィンソン。また、テイラー・ハックフォード監督のコメディ『The Comedian』も、公開を控えている。共演はダニー・デヴィート、ハーヴェイ・カイテル、レスリー・マン。

文:猿渡由紀

最終更新:6月14日(火)11時42分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。