ここから本文です

吉本新喜劇の“今”が分かる5座長セレクションDVD&DVD-BOX発売

CDジャーナル 6月14日(火)16時21分配信

 吉本新喜劇のDVDが7月27日(水)にリリースされます。今回は、現在座長として活躍する内場勝則、辻本茂雄、小籔千豊、川畑泰史、すっちーの5人をフィーチャーし、「以上、あらっした!」(小籔)、「アメちゃんあげるわよ!」(すっちー)など、それぞれのギャグをタイトルに付けた全5作(各3,800円 + 税)をラインナップ。座長たちが自ら選んだ本公演の模様から、DVD撮り下ろしの企画ロケ、さらにテレビで放送された名企画を収録と、吉本新喜劇の“今”が分かる充実の内容となっています。

 また、同日にはDVD-BOX『吉本新喜劇 DVD -い゛ い゛ ~!カーッ!おもしろくてすいません!いーいーよぉ~!アメちゃんあげるわよ!以上、あらっした!-』(19,000円 + 税)もリリースとなることが決定しており、上記5作に加え、2014~16年に放送されたMBS『よしもと新喜劇』の“ベスト盤”ともいえる90分に及ぶ特典ディスク「吉本新喜劇ギャグ100連発 2014-2016」を封入。こちらには、すち子&吉田 裕の人気ネタ「ドリルすんのかいせんのかい」の原型をテレビで初披露した貴重映像(2010年)、すち子&真也のネタ中に要となるギターの弦が切れてしまったハプニング映像なども収められています。

(C)2016MBS / 吉本興業

最終更新:6月14日(火)16時21分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。