ここから本文です

【VTJ】35歳・渡辺久江、19歳のサンボ韓国代表と激突

イーファイト 6月14日(火)11時26分配信

 6月19日(日)エディオンアリーナ大阪で開催されるMMA(総合格闘技)イベント『VTJ in OSAKA』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】5年ぶり復帰戦で豪快KO勝ちを収めた渡辺久江

 VTJ初参戦となる元DEEP女子ライト級王者・渡辺久江(フリー)の対戦相手が、韓国のメジャーMMA団体『ROAD FC』ファイターのパク・ジョンウン(韓国)に決まった。

 19歳のパクは韓国を代表するサンボ選手で、2013年にアジアサンボ選手権で韓国代表に選ばれた実績を持つ。また、キックボクシングの大会にも出場しており、5戦5勝と打撃も得意としている。

 昨年5月の『ROAD FC 23』では日本女子MMAの実力者・藤野恵美と対戦。1階級上の藤野を相手に判定で敗れはしたものの、簡単にテイクダウンを許さず、最終ラウンドまでもつれる激しい打ち合いを繰り広げた。

 迎え撃つ渡辺も日本女子MMA屈指のハードパンチャー。今年2月の『WSOF-GC 2 JAPAN』では35歳にして約5年ぶりの復帰戦であったにもかかわらず、現DEEP女子フライ級王者しなしさとこと接戦を演じたROAD FC期待の新鋭イ・イェジを右フック一発でマットに沈め、健在ぶりをアピールした。

 海外団体への進出を目指している渡辺。今回もROAD FCから送り込まれた刺客パクを相手に、豪快KOで世界へアピールすることが出来るか。

<決定対戦カード>
▼105ポンド(47.6kg)契約 5分2R
渡辺久江(フリー)
vs
パク・ジョンウン(韓国/チーム・ストロングウルフ)

最終更新:6月14日(火)11時26分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]