ここから本文です

松山英樹と連日の練習ラウンド 谷原秀人は“早入り”で入念な準備

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月14日(火)11時48分配信

5月に行われた日本地区の最終予選会を突破して、今回の「全米オープン」出場権を手にしたのは、国内ツアーでは主役級の4選手だ。その中でも谷原秀人は、池田勇太、谷口徹、宮里優作に先んじて米国入りし、鼻息荒くコースチェックを進めている。

過去の戦いを画像で!「全米オープン」大会フォトギャラリー

2週前の「日本ツアー選手権 森ビル杯」を惜敗の3位で終え、谷原はオープンウィークとなった前週9日(木)に早々に米国に乗り込んだ。全米オープンは初出場。オークモントCCでは10日(金)から練習ラウンドをこなし、13日(月)までに45ホールを回った。「初めてで、(全米オープン会場で)一番難しいところに来ちゃったね」と苦笑いする第一印象だ。

松山英樹とは連日一緒にプレーし、前夜はバーベキューをともにして英気を養ったという。この日は、午前9時前からアウト9ホールをともにチェック。「風が強かったきのうは15フィートくらいのグリーンの速さが出ていた(編注:国内ツアーは10~12フィート)。きょうは少しボールが止まるようになったけれど…」と四苦八苦している。

「とにかくタッチを合わせて、“感じ”を出していかないと。流れが悪くなれば80台も簡単に行ってしまう」。前回当地で行われた2007年大会で、1ラウンドのアンダーパーを出した選手は4日間で8人だけ。耐え忍ぶ展開を強いられるのは覚悟の上だ。

心の拠りどころになるのは「日本よりも広い」というフェアウェイが生むティショットへの安心感。5W相当の距離を出せるアイアン型UTを持ち込み、硬い地面を利用してランを稼ぐ作戦のオプションもある。そして「ラウンドは誰よりもやっている。時差ボケも抜けてきた」という事前ラウンドの積み重ねも、土壇場で力となるかもしれない。(ペンシルベニア州オークモント/桂川洋一)

最終更新:6月14日(火)11時48分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]