ここから本文です

台湾南部の自治体と共同でマンゴーPR 立法院長「若き日の恋愛の味」

中央社フォーカス台湾 6/14(火) 15:09配信

(台北 14日 中央社)蘇嘉全立法院長(国会議長)は14日、立法院で開かれた台湾産マンゴーのPRイベントに出席し、マンゴーかき氷作りに挑戦。お手製のかき氷を味わうと「甘酸っぱくて、若き日の恋愛の味のようだ」と美味しさを絶賛した。

イベントは行政院農業委員会農糧署が、マンゴーの主要産地である屏東県、高雄市、台南市と共同で開催した。

蘇院長は、アップルマンゴー(愛文)は甘酸っぱく、豊かな香りが特徴だと説明。自身が屏東県長を務めていた際、4大旗艦輸出品の一つに選ばれ、日本や中国大陸、東南アジア諸国からも好評を得ていたと語った。米国に住む親戚が台湾に戻るといつも、アップルマンゴーを指定して味わっていたとのエピソードも披露し、台湾産マンゴーの魅力をアピールした。

蘇院長によれば、当初は立法院もアップルマンゴーを購入しようとしていたものの、供給量が不足しているため、一般の人々のために残しておくことにしたという。

(温貴香/編集:名切千絵)

最終更新:6/14(火) 15:09

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。