ここから本文です

【BOM】二冠王・渡辺優太、WMC香港のパンチャーと対戦

イーファイト 6月14日(火)11時41分配信

 7月3日(日)東京・ディファ有明で開催される格闘技イベント『The Battle Of Muaythai XII』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】J-NETタイトル初防衛に成功した渡辺優太

 J-NETWORKスーパーバンタム級王者、元MA日本スーパーバンタム級王者の渡辺優太(チューティンムエタイジム)の国際戦が決定した。相手はWMC香港のマイケル・ジョン・ドクノ(VERSUS GYM)。

 渡辺は元ラジャダムナン王者でタイ国ムエタイMVPにも輝いた師匠チューティンからムエタイスタイルを受け継ぎ、2014年12月に炎出丸を破りJ-NETタイトルを獲得するなど、現在8連勝中。今回の試合でWMCの世界ランキング入りを目指す。

 相手相手のドクノは香港在住のフィリピン人。パンチを得意とする選手だという。なお、WMCジャパンでは、今後もフィリピンや香港、オーストラリア、フランスなどWMCの選手を日本に呼び、交流を深めて行くとのこと。


NKBバンタム級王者の高橋亮(左)がBOM初参戦、WPMFスーパーバンタム級3位のキョウヘイ・ゴールドライフ(右)と対戦する
 また、老舗団体、日本キックボクシング連盟(NKB)のバンタム級王者の高橋亮(真門ジム)がBOMのリングに初参戦。対戦相手はWPMFスーパーバンタム級3位のキョウヘイ・ゴールドライフ(ゴールドライフ)に決定した。

 高橋は兄・一眞、弟・聖人とともに“高橋3兄弟”として地元・関西のみならず東京でも注目を浴びている。11戦9勝(6KO)2敗という戦績を持ち、初の黒星は、2015年の5月の渡辺戦。今回、キョウヘイに勝利し、渡辺へのリベンジを狙うか。

 一方、ムエタイスタイルのキョウヘイはさらに磨きをかけるべく、現在タイで武者修行中。高橋との試合に勝ち、WMC初代スーパーバンタム級のタイトルマッチ戦線に名前を入れたいところだろう。

<追加対戦カード>

▼WMCルール スーパーバンタム級 3分5R
渡辺優太(チューティンムエタイジム/J-NETWORKスーパーバンタム級王者、元MA日本スーパーバンタム級王者)
vs
マイケル・ジョン・ドクノ(香港/VERSUS GYM)

▼WMCジャパンルール スーパーバンタム級 3分3R
高橋 亮(真門ジム/NKBバンタム級王者)
vs
キョウヘイ・ゴールドライフ(ゴールドライフジム)

最終更新:6月15日(水)14時25分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。