ここから本文です

佐渡山理莉が「67」で日本女子が首位、男子は2打差3位発進

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月14日(火)18時40分配信

◇2016 トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL 初日◇中京ゴルフ倶楽部石野コース(愛知県豊田市)◇男子6843ヤード(パー71)、女子6130ヤード(パー72)

「トヨタ ジュニアゴルフワールドカップ」大会フォトギャラリー

世界6大陸、60を超える国と地域が参加して予選を勝ち抜いた男子15チーム、女子9チームによるジュニアゴルフの国別対抗戦が14日(火)に開幕した。団体戦男子ではドイツが首位に立ち、女子は3連覇(2014年はエキシビション)を狙う日本チームが単独首位で滑り出した。

各チーム3人がプレーして、上位2人のスコアを採用する女子では、日本が昨年同様、初日から抜け出した。チーム最年少の佐渡山理莉(沖縄県立名護高1年)が5アンダーの「67」と爆発すれば、稲見萌寧(日本ウェルネス高2年)も「68」の4アンダーで続き、チームスコアを9アンダーとして2位に2打差をつけた。

7アンダーの2位は、昨年4位のアメリカ。5アンダーの3位にはアルゼンチン、スペインが並んだ。昨年、最終日に日本を猛追して準優勝となった韓国は、3アンダーの5位に続いた。


男子は、各チーム4人がプレーし、上位3人のスコアが採用されるストロークプレー方式。ドイツは、3番目のスコアがパープレーの「71」だったものの、2人が「66」、「67」と好スコアをマークし、9アンダーでトップに立った。

2位は昨年の団体2位のスウェーデンで、首位と1打差の8アンダー。3位には7アンダーに日本、タイ、アメリカの3チームが並んだ。連覇を狙う日本チームは、昨年の首位タイスタートには及ばないものの、好位置での発進となった。

男子個人は、カナダのトニー・ギルが「65」をマークして首位に立ち、日本男子トップは金谷拓実(広島国際学院高3年)の「67」で4位。ディフェンディングチャンピオンの岡崎錬(福井工業大学附属福井高3年)は「73」でプレーして34位タイと、やや出遅れた。女子個人は、アメリカのクリステン・ギルマンが「66」をマークして首位、日本の佐渡山が2位に続いた。

15日(水)には第2ラウンドが行われ、17日までの計4日間のスコアで優勝が争われる。

最終更新:6月14日(火)19時17分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]