ここから本文です

【K-1】小宮山が公開練習でヌンチャクさばきを披露

イーファイト 6月14日(火)17時15分配信

 6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 ~-65kg世界最強決定トーナメント~』にて、スーパーファイト(ワンマッチ)に出場するBLADE FC JAPAN CUP -61kgトーナメント王者・小宮山工介(北斗会館)の公開練習が14日(火)都内で行われた。

【フォト】この公開練習の模様

 K-1初参戦の小宮山は当初、K-1 WORLD GP -60kg王者・卜部弘嵩(うらべ・ひろたか)と対戦する予定であったが、大会まで約3週間と迫った2日(木)卜部が練習中に負傷。同大会を欠場することになり、小宮山は代わって中国人キックボクサーのユン・チーと対戦することになった。

 この日の公開練習ではまず3分間ずつのシャドーとミット打ちをこなした小宮山。鋭いパンチに加え、持ち味である多彩な蹴り技を見せ、好調ぶりをアピール。そして次に小宮山が手にしたのは、なんとヌンチャク。集中した面持ちでヌンチャクを構えると、そこから1分間ほど華麗なヌンチャクさばきを披露した。

 これまでにもヌンチャクだけでなく、トンファーや棒など5種類ほどの武器を練習に取り入れたことがあるという小宮山。沖縄伝統空手の流れを汲む北斗会館の創設者である父親から武道教育を受ける中で、武器術を自身の戦いに生かすようになった。

 その効果について聞くと「武器を使うことで、肉体では感じられないスピード感、硬さ、威力を得られます。また、使う武器によって距離感、間合い、タイミングが変わってくるのですが、(試合で)例えばパンチなのか、蹴りなのか、後ろ廻し蹴りなのか、それぞれの技を出す距離感、間合い、タイミングを磨くことに繋がると思います」と小宮山。

 ヌンチャクについては「パンパンと自分の体に当てるので、その当たった部分を鍛えることが出来ます。(ヌンチャクは)振ることによって遠心力とスピード感が出るので、廻し蹴りの感覚を磨けますね。あと、ヌンチャクを振り回す瞬間に拳をキュッと握るのですが、その握るハンドスピードを上げることでパンチに効果があると思います」と説明する。

 独自の練習方法を追求する小宮山。「今までのK-1では見たことがないような技を出して、華麗に美しくKOで勝つので、楽しみにしていて下さい」と意気込みを語った。

最終更新:6月14日(火)17時15分

イーファイト