ここから本文です

負けん気相乗効果 初日首位の日本女子はさらに加速も

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月14日(火)19時25分配信

ジュニアゴルフの国別対抗戦「2016トヨタジュニアゴルフワールドカップSupported by JAL」が14日、愛知県の中京ゴルフ倶楽部石野コースで開幕した。昨年大会で男女ともに個人・団体を制した日本チームは初日、女子団体でさっそく首位に立つなど2年連続の4冠に向けて好スタートを切った。

「2016トヨタジュニアゴルフワールドカップSupported by JAL」大会フォトギャラリー

2位のアメリカに2打差をつけて首位に立った女子団体は、16歳・佐渡山理莉(沖縄・名護高1年)が個人でも1打差2位につける5アンダー「67」をマークしてチームを牽引した。チーム最年少という立場で「自分は少しでもアンダーで回れればいいと思っているので楽」と、思い切りいいプレーに専念。7バーディ2ボギーの「65」と爆発し、「セカンドショットとパターが良かったです。最近、ちょっと調子が悪かったけど、きょうは自分で納得のいくプレーが少しはできた」と笑顔を見せた。

稲見萌寧(日本ウェルネス高2年)も個人3位の4アンダー「68」でプレーして好調。「年下の理莉ちゃんに負けたのがちょっと。4日間でいちばん活躍したい」と1学年下の後輩・佐渡山の活躍に刺激を受け、2日目以降のさらなる上昇を誓った。最年長の17歳・新垣比菜(沖縄・興南高3年)は「いま調子が悪くて」と1オーバー「73」の個人15位と出遅れたが、チーム3人がプレーして上位2人のスコアを採用する4日間大会のチーム戦としては文句のない滑り出しとなった。

最終更新:6月17日(金)10時55分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]