ここから本文です

欅坂46、ドラマ主題歌となる2ndシングルタイトルが決定!

リアルライブ 6月14日(火)13時30分配信

 秋元康総合プロデュースの乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾として結成され、4月6日に「サイレントマジョリティー」で鮮烈なデビューを飾った欅坂46の2ndシングルのタイトルが『世界には愛しかない』に決定した。

 本楽曲は欅坂46初主演&総出演の土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」の主題歌となっており、10代の心象風景とリアリティを意表をついた“ポエトリーリーディング”で表現。未来に向かって自分の気持ちに正直に進んでいく強い意志を、疾走感あふれる爽快なメロディーで鮮烈に伝える青春ソングに仕上がっている。

 ストーリーは、ある朝突然教室に横たわっていた担任の男性教師の遺体を、ひょんなことから通報せずに思わず死体を隠してしまったことから担任の“死体”と共に過ごさねばならなくなってしまったというものだ。そんな非日常的な日常を通して、今時の女子高生たちの一見自分勝手で残酷な行動と、その裏に秘めた素顔を描くミステリードラマだ。主題歌タイトルの発表に合わせて、初回放送日と欅坂46以外の豪華な出演者陣も発表となった。

 さらに、強力で魅力的な共演者たちの存在も、欅坂46の初出演ドラマには欠かせない“盛り上がり”を創る要素だろう。アイドルグループとしての垣根を越えてジャンルレスに活躍する彼女たちの飛躍にますます目が離せない。

最終更新:6月14日(火)20時11分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。