ここから本文です

【K-1】小宮山工介、秘策は体長1cmの"ツノゼミ"か

イーファイト 6月14日(火)20時6分配信

 6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 ~-65kg世界最強決定トーナメント~』にて、スーパーファイト(ワンマッチ)に出場するBLADE FC JAPAN CUP -61kgトーナメント王者・小宮山工介(北斗会館)が次戦に向けて秘策を明かした。

【フォト】ツノゼミについて語る小宮山

 14日(火)都内で行われた公開練習では、ヌンチャクを使った武器術を取り入れた独創的な練習方法を公開した小宮山。インタビューでは、動物や昆虫から戦いのインスピレーションを得ることもあり、最近は特に"ツノゼミ"に凝っていると話した。

 ツノゼミはカメムシ目に属する昆虫の総称で、分類上はセミに近縁とされており、世界に3,000を超す種類が生息すると言われる。その多くが体長約1cmほどで、特徴的なのは体に独特なツノを持ち、その形状は種によって多種多様というものだ。

「僕が興味を持ったのはツノゼミの"構え"ですね。構えは人によってそれぞれ変わってくるので、ツノゼミのいろいろな構えを見て、相手の構えのイメージを沸かせていますね」と小宮山は言葉に熱がこもる。

 戦いについて独自の練習と研究を重ねる小宮山。「今までのK-1では見たことがないような技を出して、華麗に美しくKOで勝つ」と予告しており、ツノゼミからヒントを得た技が見られるかもしれない。

最終更新:6月14日(火)20時6分

イーファイト