ここから本文です

aetから高分子振動抑制素材を採用した脚部用制振シートに2層モデルが新登場

CDジャーナル 6月14日(火)16時21分配信

 高品質の音響 / 楽器機器メーカー「aet(株式会社エーイーティー)」の脚部用制振シート「HPDM-4004」シリーズに、ダンピング性能の異なるシートを貼り合わせて2層構造とした「HPDM-4004HV」(3,600円 / 4個)が新登場。

 本製品に使用されている“HPDM(ハイポリマーダンピングマテリアル)”は、砲台のクッションなどの軍需用途や、工場設備、橋梁など、耐久性が求められる環境下において振動を抑制するために開発された高分子振動抑制素材。ゴム系振動抑制素材とは異なり、内部応力による歪みが少ないため、音に色づけすることなく振動を抑制することができるというもの。本製品では、よりダンピング性能の高いシートを機器側に貼り合わせて2層構造にすることで、振動を強力に抑制することに成功。HPDMは可塑性素材を使用していないため経年劣化にも強く、硫黄などの腐食性素材も排除されているため、オーディ機器を傷める心配も無用です。

最終更新:6月14日(火)16時21分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。