ここから本文です

韓国政府、米・オーランド銃乱射テロ受け「強い衝撃…深い哀悼の意捧げる」

WoW!Korea 6月14日(火)9時51分配信

韓国政府は13日夜、米国・オーランドで発生した銃乱射テロ事件に関連し、「多くの人命被害が発生した今回のテロに事件に、強い衝撃を禁じえない。深い哀悼の意を表する」と明らかにした。

 政府はこの日、外交部名義の論評を通して「今回の事件で、無残に犠牲となった方々のご冥福と、負傷者の一日もはやい回復を願うと共に、遺族に哀悼の誠を捧げる」と述べた。

 また「我々は、米国と米国国民が惨事による深い悲しみから克服するために、共に一緒にあり続ける」と強調した。

 これを前に12日未明、米国・オーランド州にあるナイトクラブで、オマル・マティーン(Omar Mateen)容疑者(29)が銃を乱射。この事件で50人が死亡、53人が負傷した。米国で起きた銃乱射事件としては史上最悪、テロ攻撃としては2001年9月11日に起きた同時多発攻撃(9.11テロ)以降、最悪の事件となった。

最終更新:6月14日(火)9時51分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。