ここから本文です

コブクロ、「orange」の舞台・松本で「未来」を熱唱。「この街の皆さんに愛される曲になったら」

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月14日(火)23時42分配信

2年半ぶりとなるニューアルバム『TIMELESS WORLD』を発売するコブクロが、同作のリリースを記念して、発売日前日の6月14日、ヒット曲「未来」を書き下ろすきっかけとなった、コミック「orange」の舞台、長野県松本市にてフリーライブを開催した。

その会場となったのは松本城 本丸庭園。天守が国宝に指定されている松本城は「orange」4巻の表紙にもなっているゆかりの場所。「未来」は、昨年「orange」が映画化される際、主題歌のオファーを受けたコブクロが、高野苺の原作を読み、書き下ろした。

今年3月にリリースされた「未来 Spring Package」のジャケットでは、このエピソードを受け、「orange」の作者、高野苺がメイン登場人物6人を描き下ろしていた。

そんな縁のある“orange”と“コブクロ”。高野苺の父親が「コブクロにぜひ松本に来てもらって、ライブをやってほしい」と熱望していることをコブクロが聞き、快諾。このリリースイベントに結び付いた。

あいにく前日まで天気が不安定だったが、この日はコブクロを待っていたかのように快晴に。入場規制もかかるなか、約3,500人のファンで埋め尽くされた松本城 本丸庭園にて16時30分からフリーライブがスタート。

松本城の絶景をバックに作られたステージに、コブクロが登場。小渕からの「コブクロフリーライブ in 松本城へようこそ!!」のひと言に観客は大歓声と拍手で応え、会場のボルテージは早くも最高潮に。

まずはニューアルバムにも収録されている昨年リリースのシングル曲「奇跡」をアコースティック編成で披露。軽快なメロディで1曲目を盛り上げた。続いて、母の日をテーマに書き下ろされたロッテ・ガーナチョコレートのCMソング「hana」を演奏。会場は温かい雰囲気に包まれた。

最初のMCで小渕は、「松本城でライブをさせていただくきっかけには、<orange>の映画の主題歌を担当させていただいたという大きなきっかけがあります。たくさんの人がこの曲を知ってくれてありがとうございます」と話し、今回のイベントのいちばんの目玉である楽曲、「未来」を届けた。

「未来」のふるさとで「未来」を歌えることに喜びを感じていた小渕は、「この街の皆さんに愛される曲になったらいいなと思います」と伝えた。

そして、「スタッフやメンバーへの感謝をこめて捧げるつもりで作りました。みんながいてくれたから、10年先の道を思えた。本当に幸せです」とスタッフ、そしてファンへの想いを語り、ニューアルバムを締める楽曲「STAGE」へ。黒田は迫力のある歌声でこの曲を歌い上げ、会場のファンを魅了。大歓声の中、フリーライブは幕を閉じた。

終演後には、「orange」の作者・高野苺がコブクロの楽屋を訪問。コブクロとの初対面を果たした高野苺は、「ずっと大好きだったので今でも信じられないというか、まさか逢える日が来るとは思っていなかったので、人生でいちばん幸せな日です。(ライブを)観てるときも夢の中みたいで。<未来>を作ってくださっただけでもうれしかったのに、それを松本で聴けたことが奇跡だと思います」と胸を詰まらせていた。

コブクロも高野苺との対面を喜び、「こんなに素敵な機会をくださって本当にありがとうございました」と謝辞を述べた。

7月3日よりスタートするテレビアニメ「orange」(TOKYO MX他)の主題歌にも「未来」が使用されることも発表されたばかり。“orange”と“コブクロ”の縁はまだまだ続いていきそうだ。

<イベント概要>
イベント名:コブクロ ニューアルバム「TIMELESS WORLD」 発売記念フリーライブin 松本城
日時:6月14日(火)16:30~17:00
場所:国宝 松本城 本丸庭園(長野県松本市丸の内4-1)
【セットリスト】
M1. 奇跡
M2. hana
MC
M3. 未来
MC
M4. STAGE

リリース情報
2016.06.15 ON SALE
ALBUM『TIMELESS WORLD』

ライブ情報
KOBUKURO LIVE TOUR 2016“TIMELESS WORLD” supported by Ghana
08/27(土)北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
08/28(日)北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
09/10(土)広島・広島グリーンアリーナ
09/11(日)広島・広島グリーンアリーナ
09/21(水)愛知・日本ガイシホール
09/22(木・祝)愛知・・日本ガイシホール
10/01(土)愛知・日本ガイシホール
10/02(日)愛知・・日本ガイシホール
10/08(土)愛媛・ひめぎんホール・メインホール
10/09(日)愛媛・ひめぎんホール・メインホール
10/24(月)東京・日本武道館
10/25(火)東京・日本武道館
11/02(水)宮城・仙台サンプラザホール
11/03(木・祝)宮城・仙台サンプラザホール
11/09(水)新潟・新潟県民会館
11/10(木)新潟・新潟県民会館
11/19(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
11/20(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
11/26(土)福岡・マリンメッセ福岡
11/27(日)福岡・マリンメッセ福岡
12/05(月)宮崎・宮崎市民文化ホール
12/06(火)宮崎・宮崎市民文化ホール
12/17(土)大阪・京セラドーム大阪
12/18(日)大阪・京セラドーム大阪

「KOBUKURO LIVE TOUR 2016“TIMELESS WORLD” supported by Ghana」特設サイト
http://emtg.jp/feature/kobukuro_tour2016/

コブクロ OFFICIAL WEBSITE
http://kobukuro.com

最終更新:6月15日(水)0時15分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。