ここから本文です

フェスを賑わしまくる04 Limited Sazabysがシングル『AIM』を発売/インタビュー1

エキサイトミュージック 6月14日(火)23時0分配信

 
■04 Limited Sazabys/Major 2nd Single『AIM』インタビュー(1/4)

【この記事の関連画像をもっと見る】

ロックやパンクを小さなものにしたくない

数年前から04 Limited Sazabysは要注目のバンドだった。日本全国の各フェスに出演しては、新たなファン層を開拓しまくり、エネルギーの塊とも呼べるライブは刺激的でもあった。2015年にメジャーデビューしてからは、その勢いはさらに増すばかり。この季節は、ほぼ毎週末はフェスを荒らしまわっている、もちろん、いい意味で。その04 Limited Sazabysがメジャーから2作目となるシングル『AIM』を6月1日に発表した。バンドの持ち味と上昇志向の気持ちをストレートに打ち出した「climb」はもちろん、新たな側面を形にした曲も収められるなど、バンドの成長を十二分に感じさせる仕上がりだ。メンバー4人に新作について訊いた。
(取材・文/長谷川幸信)

今の僕達がやるからこそ、こんなシンプルな曲でも成長は見せられる

――メジャーデビューして約1年、心境や環境など、いろいろと変化もしていますか?

GEN:ちゃんと周りの人に感謝できるようになったな、と思いますね。前から感謝の気持ちはあるんですけど、今年4月に地元の愛知県でやった『YON FES』は、いろんな人達の力を借りて実現できたんですよ。いろいろな人の手助けがあって自分達があるなって見つめなおしてます。サポートしてくれる人もすごく増えて、それも心強いんです。今の状況もすごくありがたいですし、感謝の気持ちはほんと強くなっていますね。

――バンドやミュージシャン仲間から激励されることも多い?

GEN:そうですね。いいねって言ってくれたり、よく連絡もくれますね。昔だったら絡むことはなかっただろう先輩バンド達も、普通に僕らのことを知ってくれていたり。『YON FES』のことも知ってくれていて、「なんで、誘わねえんだよ」とか言われたりして、それも嬉しいですね。例えばBRAHMANのTOSHI-LOWさんが「『YON FES』良かったらしいな」って言葉を掛けてくれて。お酒さえ飲まない限りは優しい人で(笑)。


――そこは否定できない(笑)。ともかく充実した日々をこの1年間、過ごしてきた感じですか?

HIROKAZ:うん、すごく濃いよね。

GEN:怖いぐらい充実してる。ライブも、前以上に全国へ行けるようになったからこそ得たものも多いし、それを地元の後輩にも教えたいし、見せたいし。僕達は、カッコいい先輩達の背中を追っかけていた感覚だったんですよ。でも気づけば自分達の背中を追っかけてくれる後輩バンドも多くいて。かわいがっている後輩バンドも地元には多いんですよ。

――羨ましがられる存在でしょ?

GEN:スゲーな、みたいな感じで言ってくれるんですよ。でも、こんなんでスゲーと思ってちゃダメだよって、僕らは後輩達に言いたいし。自分らでも、まだまだこんなもんじゃないだろって感じなんですよ。

――そういう上昇志向が、ニューシングル『AIM』の1曲目「climb」に描かれていますね。

GEN:まさにそうですね。まず、ツービートの曲を作ろうってメンバーで話をしていて、僕がそのリズムで何個か作って。このサビ・メロにメンバーは一番ピンと来て、そこから膨らませていったんです。けっこう一気に出来ましたね。


KOUHEI:僕は、いつものようにメロディに当てはまるリズムや構成を付けていくんですけど、今までこういう曲調は得意だと自分で思っていたんですよ。ところが今回、ツービートは苦手なのかな、と思い始めて(笑)。苦手というか、アプローチするときに、前にこういうのやってたよな、これもやったよねって思って。やってきたことをそのまま出しちゃうと、結局、似たり寄ったりの曲になっちゃうじゃないですか。そこで自分との闘いみたいなのはありました。フィルや構成に関して、あれと似てはいけないとか、でもここは拳が上がる部分だよなとか、許せる部分と許せない部分を線引きして組み立てていきました。

――常に新しいものを細かい部分でも放り込みたい?

KOUHEI:やっぱりミュージシャンとしてそう思うんですよ。

GEN:そうしないと成長を見せられないんじゃないかって、自分達でも不安になるんです。メジャーデビューする中で、昔はできなかったようなことをしないといけないような気持ちになっていた部分もあるんです。その一方で、ツービートの曲は自分達の一番得意な武器でもあるんで、自分達で納得できるレベルやハードルも以前より高かったし。だから最初に曲作りに取り掛かったとき、正直、インディーズの時でも作れたんじゃないかなって気持ちも少しあったんですけど、今の僕達がやるからこそ、こんなシンプルな曲でも成長は見せられるし、音で納得させるというか。そういう潔さが功を奏した「climb」だと思ってます。



≪リリース情報≫
Major 2nd Single
『AIM』
2016.06.01リリース

【初回生産限定盤】CD+DVD
COZA-1168~9 / ¥1,800(税抜)
【通常盤】CD
COCA-17127 / ¥1,200(税抜)

[収録曲]
1. climb
2. fog
3. cubic
4. Give me
<DVD> ※初回生産限定盤のみ収録
YON FES 2016 live & documentary

最終更新:6月15日(水)22時45分

エキサイトミュージック