ここから本文です

<水谷豊>6年ぶりシングル 全国ツアーには宇崎竜童、“小野田官房長”も

まんたんウェブ 6月15日(水)6時0分配信

 俳優の水谷豊さんが30日に約6年ぶりにシングル「ありがとう」を発売することが15日、明らかになった。2010年に発表した「人生ロマン派」以来のシングルで、宇崎竜童さんとのデュエット曲も収録する。また、30日からは宇崎さんとの全国ツアーも実施。2人が共演するのは前回のツアー以来約5年ぶりで、ツアー初日には水谷さんが出演する人気刑事ドラマ「相棒」に小野田官房長役で出演していた岸部一徳さんがスペシャルゲストで参加する。

【写真特集】宇崎竜童とのツーショットも 「相棒」の官房長も

 シングル「ありがとう」は、タイトル曲の「ありがとう」や、初めてシャンソンのアレンジに挑んだ「こころ」、阿木燿子さん作詞で宇崎さん作曲の「名前で呼ぼう」と「俺達のマドンナ」の、新録音の4曲を収録。「俺達のマドンナ」は宇崎さんとのデュエット曲で、壮年の男友達が気になる女性を語り合った前作「人生ロマン派」のアンサーソングとなっている。

 水谷さんと宇崎さんは、水谷さんが1978年にリリースしたアルバム「青春番外地」の収録曲すべての作詞作曲を阿木さんと担当したころからの縁で、2010年にデュエットシングル「人生ロマン派」を発売したほか、11年に東名阪コラボレーションツアーも行っている。シングルの価格は2000円(税込み)で、水谷さんが所属する「トライサム」の「トライサムショップ」とコンサート会場のみで限定販売する。

 全国ツアーは「水谷豊コンサートツアー2016『~男と男の誰にも言えない、ここだけのラ・イ・ブ~ vol.2』」と題し、30日から7月18日にわたって開催。岸部さんがスペシャルゲストで登場する初日のかつしかシンフォニーヒルズ(東京都葛飾区)を皮切りに、東京2カ所、福岡、広島、大阪、名古屋、神奈川など全国7カ所で10公演を実施。チケット価格は8800円(税込み)。

最終更新:6月15日(水)6時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。