ここから本文です

サービス業の生産性革命、強力に後押しと総理

エコノミックニュース 6/14(火) 8:15配信

 安倍晋三総理は13日、都内で開かれた第1回日本サービス大賞の表彰式であいさつしサービスの『見える化』へ「おもてなし規格を作り、この夏から運用する」と語るとともに、「日本のおもてなしを世界に広めていこう。TPPは価値が正当に評価される自由で公正な市場を広げる。サービス業の海外展開にも大きな力になるはず。様々な政策を総動員して、サービス業の生産性革命を強力に後押ししていく」と語った。

 また「アベノミクスを進めて3年半、経済の好循環が回りつつある。その成果を全国津々浦々に行き渡らせる鍵はGDP、雇用の7割を担うサービス業の生産性の向上にある」と強調。

 「優れたサービスが正しく評価され、ふさわしい対価を得られる社会にしていく。『日本サービス大賞』はそのための意識改革のきっかけとして創設された」と紹介し、大賞に選ばれた「ななつ星in九州」を称えた。

 「ななつ星in九州」はJR九州が九州7つの県や自然、温泉、歴史文化など7つの素材、7両編成で運行することから名付けた観光寝台列車。

 安倍総理は「熊本地震のため『ななつぼしin九州』は大きな影響を受けたが、危機にあって、『ななつぼし』のチームは真価を発揮。発災直後、クルーは冷静に、できるだけいつも通りのサービスを提供し、地域のホテルや料理店、さらには住民が支え、発災からわずか3週間で運行を再開した。こういったエピソードを伺い、『ななつぼし』は九州の観光が地震から立ち直るための『希望』になっていたと理解し、総理大臣賞に選ばせていただいて良かったと改めて思った」と祝福した。国土交通大臣賞には国際クール宅急便が選ばれた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:6/14(火) 8:15

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。