ここから本文です

女優スヒョン、自身3作目となるハリウッド映画出演へ

WoW!Korea 6月14日(火)13時35分配信

韓国女優スヒョン(31)がハリウッド映画に再びキャスティングされ、話題だ。

 映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)、「EQUALS(イコールズ)」に続き3度目のハリウッド映画出演で、粘り強いグローバル展開に視線が集中しているのだ。

スヒョンのプロフィールと写真

 去る13日のMBCドラマ「モンスター」記者懇談会で女優スヒョンは「『モンスター』の撮影が始まる前にハリウッド映画への合流が決定した。映画との撮影を並行しているため、『モンスター』の出演分量が少し減った」と明かした。続けて「映画に関して、まだ具体的な内容は明かせないが、まもなく韓国のファンのためにも詳細をお伝えできる」と伝えた。

 スヒョンの所属事務所関係者は「『モンスター』の監督や作家さんをはじめとする制作・演出チーム、そして共演中の先輩・後輩、俳優仲間の配慮や支援がなければ、ドラマと映画を並行することは難しかっただろう」と感謝の意を表した。

 また、「世界的なハリウッド俳優たちと共演することになり、作品性も期待できる映画だ。今後の制作が楽しみであり、何よりもスヒョンが韓国を基盤にハリウッドでも活動を継続させられることがとてもうれしい」と述べた。

最終更新:6月14日(火)13時35分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。