ここから本文です

韓国検察、ロッテグループ全方位を”圧迫”… 家宅捜査だけで40か所に

WoW!Korea 6月14日(火)14時8分配信

韓国検察は去る10日、ロッテグループ本社と系列会社6か所を家宅捜査したのに続き、系列会社10か所を追加で家宅捜査するなど、ロッテグループに対する広範囲の”圧迫”に乗り出した。

 現在までロッテグループ疑惑と関連し、検察が家宅捜査した場所は四十数か所にのぼり、政策本部関係者たちも連日続けて召還している。

 ソウル中央地検特殊4部と先端犯罪捜査1部は14日、ソウル・瑞草区(ソチョグ)蚕院洞(チャムウォンドン)に位置するロッテ建設本社と主要事務室など計15か所を家宅捜査した。

 今回の捜査対象に名を連ねたロッテグループ系列会社はロッテアルミニウム、ロッテケミカル、ロッテ商社、コリアセブン、ロッテ製菓、ロッテ七星飲料、釜山ロッテホテル、ロッテホテルの扶余(ブヨ)ホテルリゾート、済州(チェジュ)ホテルリゾート、ロッテドットコム、ロッテ情報通信の10か所。去る10日にはロッテホテル、ロッテショッピング、ロッテホームショッピング、ロッテ情報通信、ロッテPSネット、デホン企画の系列会社6か所が家宅捜査された。

 検察は初の家宅捜査時、ソウル市内にある重光武雄(韓国名:辛格浩/シン・ギョクホ、94)ロッテグループ創立者の自宅、ロッテグループ本社26階の執務室とロッテホテル34階にある武雄氏の執務室へ先に向かった。また、グループ本社内にある武雄氏の”秘密空間”を探し出し、金銭出納資料を確保。武雄氏の秘書室長として勤務したイ某専務の妻の妹の自宅で現金30億ウォン(約3億円)と書類を発見するに至った。

最終更新:6月14日(火)14時8分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。