ここから本文です

室屋選手に福島市スポーツ賞 市長「市民の誇り」

福島民報 6月14日(火)12時22分配信

 千葉市で5日に行われた「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ第3戦」で優勝した福島県福島市在住の室屋義秀選手(43)に対する市スポーツ賞贈呈式は13日、市役所で行われ、日本人初の快挙をたたえた。
 市内の農道空港「ふくしまスカイパーク」を練習拠点にしている室屋選手は「優勝できたのは市民の協力のおかげ。これからも福島のために全力で取り組む」と誓った。
 小林香市長は「室屋さんの活躍は福島市民の誇りだ。優勝は復興へ向かう福島に大きな勇気を与えてくれた」と述べ、室屋選手に表彰状を手渡した。
 市スポーツ賞は国際大会で活躍した市ゆかりの個人、団体に贈られる。サッカーU-17(17歳以下)女子ワールドカップで監督として日本代表を優勝に導いた市内出身の高倉麻子さん(現女子サッカー日本代表監督)に次ぎ、室屋選手は2人目の受賞となった。
 市は同日、市役所東側に室屋選手の優勝を祝う懸垂幕を掲げた。

福島民報社

最終更新:6月14日(火)12時29分

福島民報