ここから本文です

『バイオハザード7 レジデント イービル』2017年1月26日発売決定、体験版が本日より配信【動画あり】

ファミ通.com 6月14日(火)11時51分配信

●サバイバルホラーは新たなステージへ
 カプコンは、シリーズ最新作となる『バイオハザード7 レジデント イービル』を、プレイステーション4、プレイステーション VR、Xbox One、PC用ソフトとして、2017年1月26日に発売することを発表した。
 
 また、本作の体験版となる『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』の配信がPlayStation Plus会員を対象に、本日2016年6月14日より開始される(関連記事は'''こちら')。こちらの配信はほかの各ハードへも順次実施される予定だ。

 以下、リリースより。

----------

すべては“恐怖”のために。新生するバイオハザード、「7」。
誕生から20年、シリーズはさまざまな作品を世に送りだしてきた。最新作「7」はその根源、すなわち“恐怖”に焦点を絞りきった作品だ。プレイヤーにかつてない恐怖体験を提供する、そのために「バイオハザード」は生まれ変わる。

現代のサバイバルホラーに求められるもの
圧倒的な恐怖と、それに打ち克つ爽快感。そのコントラストこそがサバイバルホラーの神髄である。しかし、リッチなプレイ体験に慣れ親しんだ現代のプレイヤーを震え上がらせるのは容易ではない。より写実的なグラフィック表現と未体験の没入感が「7」には必要だった。

空気のディティールまで描きだすREエンジン
写実的なグラフィック表現を求め、「バイオハザード7」の制作にあたっては新たなエンジン「REエンジン」が開発された。鍋や虫、さまざまなオブジェクトの質感、さらに空気中の埃と言った細部までも描かれたショットから、そのポテンシャルが伝わるだろうか。

プレイヤーに未体験の没入感を。アイソレートビュー
「7」のゲームプレイは新たな視点へと大胆な変化を遂げた。“アイソレートビュー”とは主観視点でのゲームプレイに、「孤立」「分離」と言った 意味を混じえた造語だ。「7」で体験するかつてない没入感。そこには名に込めた“不安”も感じとることができる。

未知なる恐怖を体感。PlayStation VR完全対応
本作はPlayStation VRに完全対応。PSVRのプレイ環境さえあれば、通常のゲームプレイ同等に本編全てを楽しむ事が出来る。360度「7」の世界に飛び込むゲームプレイ、そこには未知なる恐怖体感が待っている。

プレイヤーの目的はただひとつ。邸から生還する事

荒れた庭
邸には庭が存在する。手入れはされておらず、雑草も生えるままだ。

庭のオブジェ
邸の庭は広い。少し散策すれば不気味なオブジェを見つけることだろう。

ある一室
何かを解体している部屋。作業は中断され蠅が群がっている。奥に見える扉からは脱出する事が出来るかもしれない。

ポートレート
壁には夫婦と思しき人物のポートレートが飾られている。随分以前の物のようだ。

リビングルーム
リビングにはピアノ、そして型遅れのテレビとビデオデッキが見える。まだ使えるようだ。

遺された映像
無残に殺された男の映像。何処で撮影されたものなのかは判らない。

二人の男
二人の男性が映しだされた映像。この邸で撮影された物のようだ。

地方紙の一面
全国紙では伝えられない程度の、しかし、不吉なニュースが一面で報じられている。

2017年1月26日、サバイバルホラーは新たなステージへ。

「バイオハザード7」の為に開発された新たなエンジン-。
REエンジン(アールイー エンジン)

ハイスペック化が進む現代のゲームマシン。そのスペックを余すことなく引きだすのが、「バイオハザード7」の為に新たに開発された「REエンジン」だ。さまざまな物理レンダリングを網羅し、流体表現にも対応。実写映画に匹敵するフォトリアルな表現を実現している。

さらにそのハイパフォーマンスは、二画面への描画が求められるVRデバイスへの出力時にも60FPSの高フレームレートを達成している。REエンジンは「7」への実装を皮切りに、さまざまな作品へと採用されてゆく。カプコンとREエンジンが紡ぎだす作品群に期待して欲しい。

新生「バイオハザード」の片鱗を体感せよ
バイオハザード7 ティザー ~ビギニング アワー~ 本日配信スタート

『バイオハザード7 レジンデント イービル』の体験版となる『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』の配信がPlayStation PLUS会員に向けて本日より開始される。こちらの配信は他の各ハードへも順次実施される予定だ。「7」へと連なる恐怖を描く「ビギニングアワー」。新生「バイオハザード」の片鱗をいち早く体感せよ。

米国南部に佇む朽ちかけた廃屋で交錯する“脅威”と“孤独”。サバイバルホラーの新たな起源を発する『7』の幕が遂に上がる。“アイソレートビュー”へフルモデルチェンジを遂げ、さらに新開発“REエンジン”によるフォトリアル表現が紡ぎ出す“恐怖”は瞬きをも妨げる。悪意に満ちた未知の惨劇から生き延びろ。

あなたの言葉でバイオハザードの魅力を世界中に向けて発信しよう?
「バイオハザード」アンバサダー 募集開始!

“バイオハザードアンバサダー”とは「バイオハザード」の魅力を積極的に、そして世界に向けて発信するファンのためのプログラム。「バイオハザード」に関するさまざまな情報やコメントをご自身でお持ちのブログやTwitter、FacebookなどのSNSで積極的に情報発信して頂ける方は特設サイトからエントリー! バイオハザードアンバサダーとして登録させていただきます。アンバサダーの方には特別なイベントや限定のキャンペーン等をご案内する予定。あなたの言葉で「バイオハザード」の魅力を世界へ伝えてみませんか?
バイオハザードアンバサダー特設サイト


バイオハザード7 レジデント イービル
メーカー:カプコン
対応機種:プレイステーション4 / Xbox One / Windows
発売日:2017年1月26日発売予定
価格:各7990円[税抜]
ジャンル:サバイバルホラー

最終更新:6月14日(火)13時37分

ファミ通.com