ここから本文です

女性暴行で告訴されたユチョン イメージダウンは必至

聯合ニュース 6月14日(火)16時12分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループJYJのメンバーで、俳優としても活動するユチョンさん(30)が、女性に対する性的暴行の疑いで告訴された。ソウル江南警察署は、20代女性の告訴を受け捜査を進めていることを14日までに明らかにした。

 ユチョンさんの所属事務所は「相手の主張は虚偽で、一方的なものだ。有名人に傷をつけるための悪意ある恐喝、脅迫に妥協しない」と即座に容疑を否定した。

 だが、こうしたスキャンダルに巻き込まれただけでも、「アイドル韓流スター」であるユチョンさんのイメージダウンは避けられない。ユチョンさんが現在、江南区庁で服務中の社会服務要員であることも不利に働いている。

 女性が提出した告訴状によると、ユチョンさんは4日午前5時ごろ、ソウル・江南にある遊興酒店(キャバクラのような店)の個室の化粧室で女性に性的暴行を加えたという。4日はユチョンさんの誕生日だった。交流サイト(SNS)では当日の誕生日パーティーの様子とみられる写真が広まり、「絶望的」「ユチョンが(告訴の)原因を作った」などとさまざまな声が飛び交っている。

 ユチョンさんは東方神起に続きJYJのメンバーとしてK―POP界をリードし、やがて役者にも活躍の幅を広げて20代を代表するイケメン俳優にのし上がった。韓国だけでなく日本でも大きな人気を誇る。

 ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」(2010年)への出演で注目を集め、ドラマ「屋根部屋の皇太子」(12年)、「会いたい」(同)、「スリーデイズ~愛と正義~」(14年)で演技力も認められた。また、ポン・ジュノ監督の映画「海にかかる霧」(14年)でスクリーンデビューし、昨年の百想芸術大賞で新人演技賞を獲得した。

 昨年のドラマ「匂いを見る少女」を最後に、同8月に社会服務要員として兵役に就いた。同じ年ごろのスターたちが軍服務中でもあることから、来年8月に兵役が終われば出演オファーが殺到するとみられていた。

 所属事務所はこの日、報道資料を出し「告訴内容の真偽は明らかになっていない」とし、事実と異なる憶測報道は明白な名誉毀損(きそん)だと強調した。警察の取り調べに誠実に応じ、容疑のないことを立証するとも伝えた。

 ただ、告訴人側と真偽をめぐる攻防が始まれば、これまでに積み上げたイメージと信頼を取り戻すのは難しくなりそうだ。

最終更新:6月14日(火)16時26分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。