ここから本文です

【先出し週刊ファミ通】バカ企画が帰ってきた! “限界突破ゲーマーズ”特集で俺たちのゲーム魂がリミットブレイク!?(2016年6月16日発売号)

ファミ通.com 6月14日(火)18時2分配信

●突き抜けたバカ記事をくらえっ!!
 2002年に始まった“限界ゲーマーズ”は、どんなに過酷な状況でも、人間はゲームができるのかを実際に検証するというもの。その後、数回にわたって実施されてきたこの企画が、今年もやってきた! しかも今回は実験ではなく、“限界の向こう側への挑戦”だ! まあ、いわゆるバカ記事です。おバカな編集者が、誌面を好き勝手に使ってバカ騒ぎしているだけです。こんなに原稿内で“バカ”を連発するのは初めてですが、たまにはこんな記事もいいですよね? ぜひ読んでください!


 詳細は週刊ファミ通2016年6月30日号(2016年6月16日発売)でご確認ください!


■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER

【2016年6月14日18:15追記】記事タイトルおよび本文内において、掲載号の表記に誤りがあったため修正しました。

最終更新:6月14日(火)18時25分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。