ここから本文です

【先出し週刊ファミ通】『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』さらなる二つ名、アナザーカラー、登場人物などの新情報を公開! 今回の“特別寄稿”もまさにスペシャル!(2016年6月16日発売号)

ファミ通.com 6月14日(火)18時16分配信

●冒険への期待と想像を膨らませてほしい新情報!
 2016年8月4日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』。週刊ファミ通2016年6月30日号(2016年6月16日発売)では、プレイヤーキャラクターが選べる“二つ名”や、外見のアナザーカラー、すれちがい通信によるギルドカード交換、迷宮の中で出会う“ふたりの少女”など、気になる新情報をお届け。また、開発者へのインタビューでは、アトラスのチーフプランナー・渡邊勝氏と、ディレクター・小森成雄氏にご登場いただき、おもにバトル関連のお話をうかがった。

 さらに、今回の“特別寄稿”では、『ワールド オブ ファイナルファンタジー』(スクウェア・エニックスより2016年10月27日発売予定)のアートディレクターである泉沢康久氏が登場! 見逃せない記事になっているので、本誌でぜひチェックしてほしい。

 
 詳細は、週刊ファミ通2016年6月30日号(2016年6月16日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※BOOK WALKER
■『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』ファミ通DXパックのご購入はこちら
※アトラスDショップ

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
※画面は開発中のものです。

最終更新:6月14日(火)18時16分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。