ここから本文です

熊本地震2カ月 農林水産被害1357億円 崩壊、決壊 農地で深刻

日本農業新聞 6/14(火) 7:00配信

 熊本県と大分県が13日までにまとめた「平成28年熊本地震」の農林水産関係被害の合計が、1357億円に上り、1995年の阪神・淡路大震災の911億円(農水省調べ)や2004年の新潟県中越地震の1330億円(同)を超えたことが分かった。震度1以上の地震は2カ月間で1700回を超え、今もなお続いている。全壊や半壊した住宅の復旧は進んでいるものの、依然6400人余りが避難生活を強いられている。

 熊本県の農林水産物の被害額は1344億6443万円。特に農地などの被害が深刻で水田、畑地の崩壊、ため池、用水路の決壊などで602億円を超えた。被害は7775カ所に上る。県は「復旧作業を進めているが、被害箇所が多く、時間がかかっている。入梅に伴って降雨による被害拡大が心配だ」としている。

 農産物の被害は8776万円。揺れによってイチゴやスイカ、トマト、メロンが落果した。出荷のピークを迎えていたナスは選果場が動かず、廃棄が生じた。果実と果樹の樹体、麦類は調査中で、今後現れる被害もあるため、被害額はさらに増える見通しだ。

 畜産物は9億7645万円。牛、鶏など54万頭・羽が死亡し、県南部の球磨地域を除く県内全域で生乳廃棄を余儀なくされた。

 大分県は由布市、別府市などを中心に、農林水産被害額は12億9500万円。農地、用水路などの被害が最も大きく、9億5000万円となっている。農畜産物は白ネギの苗や鶏卵などで1000万円に上った。

日本農業新聞

最終更新:6/14(火) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。