ここから本文です

実は遠縁!? エリザベス女王とフィリップ殿下の結婚秘話

ELLE ONLINE 6/14(火) 18:38配信

天皇陛下と美智子妃の出会いが軽井沢のテニスコートだったことは有名だが、エリザベス女王とフィリップ殿下の恋が芽生えたのも実はテニスコート!? デンマ―ク王クリスチャン3世とヴィクトリア女王の末裔という縁戚関係にあるエリザベス女王とフィリップ殿下は、それまでも冠婚葬祭の場などで顔を合わせてはいたけれど、5歳年下のエリザベスはまだまだ子供。そんな彼女が13歳になったときに父親ジョージ6世がフィリップの学ぶダートマス海軍兵学校を訪問。エリザベスと妹マーガレットをアテンドすることになったフィリップがオモチャに飽きた姉妹をテニスコートに連れ出し、ネットを華麗に飛び越す技を披露。エリザベスが18歳のハンサムな青年に夢中になったのも無理はない。

二人は文通を重ね、海軍兵士として第二次大戦を勇敢に戦ったフィリップは帰国した1946年夏にジョージ6世の許しを得て、エルザベスにプロポーズ。王女が21歳を迎えるまで婚約は伏せられ、その間にフィリップのイギリスへの帰化とギリシャとデンマークの王位継承権を放棄、またギリシャ正教からイギリス国教会への改宗が着々と進行。結婚に反対する人々もフィリップの準備に異論を唱えることはできず、1947年に婚約が公表され、その4ヶ月後にウェストミンスター寺院で若々しく、美しい王女と元プリンスは華燭の典を挙げた。
(text : Peaches)

from ELLEgirl

最終更新:6/14(火) 18:38

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]