ここから本文です

中国・宝鋼の7月国内販価、主要薄板類でほぼ全面引き下げ

鉄鋼新聞 6月14日(火)6時0分配信

 中国・宝山鋼鉄は13日、主要薄板類の7月国内販価を決め、取引先に通知した。据え置いた品種も一部あるが、値上げした品種はなく、ほぼ全品種を値下げした。全面値下げに近い価格提示となるのは、9カ月ぶりとなる。

 宝山は5カ月連続の全面値上げという強気の販売姿勢を続けていたが、中国メーカーの相次ぐ増産に伴い供給過剰が深刻化。需給緩和を理由に値下げせざるを得なくなったとみられる。
 品種別値下げ幅は、熱延・溶融亜鉛めっき・電気亜鉛めっき鋼板は200元(約3200円)、冷延鋼板は180元(約2900円)。
 酸洗鋼板は、宝山製鉄所生産分は据え置いたが、グループの梅山製鉄所および湛江製鉄所生産分は100~200元(約1600~約2900円)値下げした。
 電気亜鉛めっき鋼板のローグレード品、ガルバリウム・無方向性電磁・カラー鋼板は据え置いた。

最終更新:6月14日(火)6時0分

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]