ここから本文です

湯の山温泉行き臨時特急を名古屋から運転 みやげ品やビールの特典も 近鉄

乗りものニュース 6月14日(火)12時0分配信

乗車記念証の提示で日帰り入浴無料も

 近鉄は2016年6月9日(木)、臨時特急「湯の山温泉サマーライナー」を近鉄名古屋~湯の山温泉間で運転すると発表しました。

 7月16日(土)から8月20日(土)までの土曜日と8月11日(木・祝)の計7日間に1日1往復運転。近鉄四日市駅(三重県四日市市)と湯の山温泉駅(同・菰野町)を結ぶ湯の山線と名古屋線と直通運転します。

 乗車の特典として、往路では記念品や地元のみやげ品、乗車記念証などが、復路では缶ビールなどが配付されます。また、乗車記念証を提示すると、御在所ロープウエイでは乗車券がおよそ半額になったり、指定の温泉施設で日帰り入浴が無料になったりします。

 運転時刻は往路が近鉄名古屋発10時4分、湯の山温泉着10時58分。復路が湯の山温泉発16時35分、近鉄名古屋着17時33分です。途中、桑名駅(三重県桑名市)と近鉄四日市駅にも停車。近鉄四日市駅では大阪難波駅発着の特急と接続します。

 乗車には乗車券のほか、特急券が必要。湯の山温泉駅までの特急料金(大人ひとり)は近鉄名古屋駅からが900円、近鉄四日市駅からが510円、大阪難波駅からが1610円(乗り継ぎ)です。

 かつて湯の山線には、大阪方面や名古屋から直通する特急が運転されていましたが、現在、同線を走る特急は臨時で運転されるものだけになっています。そのひとつである「湯の山温泉サマーライナー」の運転は、今年で9回目になるといいます。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月14日(火)12時20分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]